« 第4回野分写真展開催祝賀会 | トップページ | 紅い花 須田一政 »

2006年5月13日 (土)

犬の記憶  森山 大道

犬の記憶 Book 犬の記憶

著者:森山 大道
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

出版社/著者からの内容紹介
世界的な評価をえる写真家が、自らの記憶と軌跡を辿りながら、撮影の秘密を明らかにする幻の名著、待望の文庫化。絶妙な文章で描かれる六○七○年代の“闇”への誘い。写真多数収録。写真ファン必携。

内容(「BOOK」データベースより)
「いったん逃げた風景のかずかずは、僕の内部でもうひとつの風景となってある日とつぜん立ち現われてくる。それは、まったく時空を超えた視覚のなかと脈絡を絶った意識のなかに、ふと再生されてくるのである」。写真は現在と記憶とが交差する時点に生ずる思考と衝動によるもの、という作者の、自伝的写真論。巻末に横尾忠則による森山大道論を付す。

|

« 第4回野分写真展開催祝賀会 | トップページ | 紅い花 須田一政 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬の記憶  森山 大道:

« 第4回野分写真展開催祝賀会 | トップページ | 紅い花 須田一政 »